ダヴィンチ・コード

ダビンチコードの謎! カラバッジョ「悔俊するマグダラのマリア」 F10号

タ・゙ヴィンチコードの謎! カラバッジョ「悔俊するマグダラのマリア」 F10号【名画ドットネット】ダビンチコードの謎! カラバッジョ「悔俊するマグダラのマリア」 F10号
「悔俊するマグダラのマリア」
作者:カラバッジョ 1
596年頃 
ドリア・パンフィーリ美術館蔵
号数:F10号絵寸法:530×455(ミリ)

「悔俊するマグダラのマリア」こちらはカラバッジョの作品です。ティツィアーノの作品を比較してみると、より味わい深く感じることができると思います。「ダヴィンチコード」物語の終盤に大きな役割を担うことになるマグダラのマリアはその死後も数奇な運命をたどり現在に至ります。キリスト教の教義に「どっぷりと浸っていない」極東の島国の住民であるがゆえに、私たちはマリアの表情に隠されたメッセージを正確に理解できるのかもしれません。
映画化も決まり、益々注目を集める「ダ・ヴィンチコード」大ファンの方もこれからの方も、重要な役割を果たすマグダラのマリアのお手元において、作品の世界を立体的にお楽しみ下さい♪
posted by olive at 19:50


名画ドットネットでは世界中の美術館から複製のライセンスを受け、自社特許技術で世界の名画を再現した「本物の複製絵画・プリハードヘリオトワル」をご紹介しています。
ヘリオトワル」はルーブル美術館のミュージアムショップが名画ドットネットのキャンバス複製画につけた名称です。紙製の複製画と違って、キャンバス地の風合いはもちろん、絵具による 微妙な陰影までリアルに再現できるのが特徴です。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。