ダヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード|ダン・ブラウン 書籍の紹介

ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版
ダン・ブラウン
角川書店 刊
発売日 2005-09-01

「ダ・ヴィンチ・コード」作中に登場する美術作品や建築物、場所、象徴など140点を収録。読んだ人にも、これから読む人にもおすすめ、小説の世界により深く接するための豪華カラー版。絵画とともに、謎を解く旅へ―。


さらに詳しい情報はコチラ≫


ダ・ヴィンチ・コード(上)ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダン・ブラウン
角川書店 刊
発売日 2006-03-10

ルーヴル美術館のソニエール館長が異様な死体で発見された。死体はグランド・ギャラリーに、ダ・ヴィンチの最も有名な素描〈ウィトルウィウス的人体図〉を模した形で横たわっていた。殺害当夜、館長と会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンは、警察より捜査協力を求められる。現場に駆けつけた館長の孫娘で暗号解読官であるソフィーは、一目で祖父が自分にしか分からない暗号を残していることに気付く……。

さらに詳しい情報はコチラ≫



ダ・ヴィンチ・コード(中)ダ・ヴィンチ・コード(中)
ダン・ブラウン
角川書店 刊
発売日 2006-03-10

館長が死の直前に残したメッセージには、ラングドンの名前が含まれていた。彼は真っ先に疑われるが、彼が犯人ではないと確信するソフィーの機知により苦境を脱し、二人は館長の残した暗号の解明に取りかかる。フィボナッチ数列、黄金比、アナグラム……数々の象徴の群れに紛れたメッセージを、追っ手を振り払いながら解き進む二人は、新たな協力者を得る。宗教史学者にして爵位を持つ、イギリス人のティービングだった。

さらに詳しい情報はコチラ≫



ダ・ヴィンチ・コード(下)ダ・ヴィンチ・コード(下)
ダン・ブラウン
角川書店 刊
発売日 2006-03-10

ティービング邸で暗号解読の末、彼らが辿り着いたのは、ダ・ヴィンチが英知の限りを尽くしてメッセ―ジを描き込んだ〈最後の晩餐〉だった。そしてついに、幾世紀も絵の中に秘され続けてきた驚愕の事実が、全貌を現した! 祖父の秘密とその真実をようやく理解したソフィーは、二人と共に、最後の鍵を解くため、イギリスへ飛ぶ――。キリスト教の根幹を揺るがし、ヨ―ロッパの歴史を塗り替えた世紀の大問題作!

さらに詳しい情報はコチラ≫




ダ・ヴィンチ・コード (上)ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダン・ブラウン
角川書店 刊
発売日 2004-05-31

ダン・ブラウンは本書『The Da Vinci Code』で、世界を舞台にした殺人ミステリーの醍醐味と、2000年に及ぶ西洋史から選り抜いた魅惑的な謎の数々とを組み合わせた、知的で明快なスリラーを見事に創造した。
閉館後の静寂に包まれたルーブル美術館で起きた殺人事件をきっかけに、明るみに出た不吉な筋書き。それは、キリストの時代以来、ある秘密結社により守られてきたベールをはがすものだった。殺人の被害者は、古くから連綿と続くその秘密結社の総長。彼は死の直前、不気味な暗号を犯行現場に残していた。その暗号を解くことができるのは、被害者の孫娘で著名な暗号解読者でもあるソフィー・ヌヴーと、高名な象徴学者のロバート・ラングドンのみ。ふたりは事件の容疑者となる一方で、ヌヴーの祖父の殺人事件のみならず、彼が守り続けてきた、古くから伝わる驚くべき秘密の謎をも調べ始める。警察当局と危険な競争者の追跡を間一髪ですり抜けながら、ヌヴーとラングドンは謎に導かれるまま、息つく間もなくフランスとイギリスを、そして歴史そのものを駆けめぐる。前作『Angels and Demons』(邦題『天使と悪魔』)に続く本書は、ページを繰る手が止まらないスリラー作品に仕上がっていると同時に、西洋史の驚くべき解釈をも披露している。主人公のふたりは、モナリザの微笑みの意味から聖杯の秘密にいたるまで、西洋文化の大いなる謎をめぐる知的かつ魅力的な探索に乗り出す。ブラウンの解釈の真偽に難癖をつける向きもあるかもしれないが、その推測のなかにこそ、本書のおもしろさがあるのだ。思わず引き込まれる『The Da Vinci Code』は、豊かな思考の糧となる1冊だ。(Jeremy Pugh, Amazon.com)
--このレビューは、同タイトルのハードカバーのレビューから転載されています。

さらに詳しい情報はコチラ≫


ダ・ヴィンチ・コード (下)ダ・ヴィンチ・コード (下)
ダン・ブラウン
角川書店 刊
発売日 2004-05-31

ダン・ブラウンは本書『The Da Vinci Code』で、世界を舞台にした殺人ミステリーの醍醐味と、2000年に及ぶ西洋史から選り抜いた魅惑的な謎の数々とを組み合わせた、知的で明快なスリラーを見事に創造した。

さらに詳しい情報はコチラ≫





posted by olive at 19:25


名画ドットネットでは世界中の美術館から複製のライセンスを受け、自社特許技術で世界の名画を再現した「本物の複製絵画・プリハードヘリオトワル」をご紹介しています。
ヘリオトワル」はルーブル美術館のミュージアムショップが名画ドットネットのキャンバス複製画につけた名称です。紙製の複製画と違って、キャンバス地の風合いはもちろん、絵具による 微妙な陰影までリアルに再現できるのが特徴です。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。